先輩の声

先輩の声

看護分娩部 北栄 奈津紀

当病院での就職を希望された理由は?
母子医療センターはMFICUやNICUがあるため、ハイリスク妊産婦のケアを学べると思ったから。
実際の業務ではどの様な事を行っていますか?
多種多様であり、一言では言い表せませんが、妊娠高血圧症候群や切迫早産などのハイリスク妊産婦のケアを行ったり、胎児疾患を指摘されている妊産婦のケアを行っています。また、多胎妊産婦も多いです。多胎の場合は、保健師と連携し、産後の育児サポートを行っています。また、外来では保健指導もしています。
現在は、分娩部という部署でお産の介助や早産児の蘇生の介助をしています。
さまざまな合併症をもつ産婦や複雑な奇形をもつ赤ちゃんをケアすることもあるので、日々、学ぶことがたくさんあり、とてもやりがいがあります。

当病院だから経験(学ぶ)できる事とはどのような事がありますか?
500g台の小さい赤ちゃんの蘇生の介助や胎児疾患を指摘されている赤ちゃんの蘇生の介助は当病院だからこそ経験できる事だと思います。
また、多胎妊産婦の双胎間輸血症候群(TTTS)のレーザー治療は関西でも当院しか行っていないため、当院でしか行えないケアを学ぶことができると思います。
将来のビジョンは?(キャリアアップ等の具体的なビジョン)
具体的なビジョンはまだ考えることができていませんが、妊娠期から産後の育児まで一人の女性を長期に継続的に受持ち、関わりたいと思っています。
また、当院ではハイリスクケアとともに助産ケアを追及する気風があるので、フリースタイル分娩やアロマオイルマッサージなど産婦が自然体で分娩できたと感じることができるよう、さらに知識や経験を積んでいきたい。
当病院での就職を検討される方へのメッセージ
母子医療センターはさまざまな合併症や疾患をもつ妊産婦や社会的にハイリスクな妊産婦が来られます。そのため高度な医療やより質の高いケアが求められます。
何度も挫折しそうになったり、くじけそうになった時、先輩方が優しく声をかけてくださったり、熱心な指導をしてくださったので、助産師として成長できたと思っています。とてもやりがいを感じることができる職場だと思うので、ぜひ、一緒に働きましょう。