多胎外来

多胎外来

母子医療センターでは、年間100例の多胎出産を取り扱っています。ふたごがほとんどですが、みつご、よつごの出産もあります。
そこでは、多胎妊産婦がお友達となり出産後も情報交換を行っています。多胎の妊娠経過には、多胎特有のリスクに対する保健指導が必要です。
多胎外来では、助産師たちが中心となって発刊したテキスト「すくすく」を使用し保健指導を行っています。 多胎学級も開催しており、母子医療センターで出産された先輩多胎ママに妊娠中のこと、産後の育児の実際をお話いただいています。
より多くのふたご、みつごのお母さんと赤ちゃん達が健やかに育つことを希望しております。

 

 

診察のご案内

 

診察曜日 火曜日、金曜日

 

 

多胎への取組み

近年増加しつつある多胎妊娠での妊娠・出産・育児に関する問題点を解決するために、多胎に関する多くの研究や臨床の取組みを行ってきました。

妊娠出産で合併症を起こしやすい多くの多胎の出産を取り扱っています。母子医療センターで出産した3組の5つ子も健やかに育っております。

多くの多胎妊産婦のために手引書として「ふたごを迎えるパパ・ママへ」を、センター助産師が中心となって刊行いたしました。現在は、第三版で「すくすく」というタイトルです。
今後ともより多くのふたご・みつごのお母さんと赤ちゃんが健やかに育つことを希望しております。

多胎学級

当センターでは、近年増加しつつある多胎妊娠での妊娠・出産・育児に関する問題点を解決するために、多胎に関する多くの研究や臨床の取組みを行ってきました。

妊娠出産で合併症を起こしやすい多くの多胎の出産を取り扱っています。センターで出産した3組の5つ子も健やかに育っております。

多くの多胎妊産婦のために手引書として「ふたごを迎えるパパ・ママへ」を、センター助産師が中心となって刊行いたしました。現在は、第三版で「すくすく」というタイトルです。 今後ともより多くのふたご・みつごのお母さんと赤ちゃんが健やかに育つことを希望しております。

多胎学級 先輩ママさんのお話

当センターの多胎学級では、地域の多胎サークルに所属している先輩ママさん達が参加して、出産や育児についてお話をしてくれます。 心配や不安に思っていることなど相談できます。是非参加してください。

0725-56-1220(内線7235)
母性東棟 看護師長 飯野江利子

2016年

多胎学級開催日 多胎サークル名 所在地
12月2日 中ツインエンジェルズ 堺市中区

2017年

多胎学級開催日 多胎サークル名 所在地
1月6日 ぐりぐらくらぶ 岸和田市
2月3日 さくらんぼくらぶ 和泉市
3月3日 中ツインエンジェルズ 堺市中区
4月7日 ぐりぐらくらぶ 岸和田市
5月12日 さくらんぼくらぶ 和泉市
6月2日 中ツインエンジェルズ 堺市中区
7月7日 ぐりぐらくらぶ 岸和田市
8月4日 さくらんぼくらぶ 和泉市
9月1日 中ツインエンジェルズ 堺市中区
10月6日 ぐりぐらくらぶ 岸和田市
11月10日 さくらんぼくらぶ 和泉市
12月1日 中ツインエンジェルズ 堺市中区

多胎学級先輩ママさんのお話(PDFファイル 73KB)>>