平成29年度 大阪母子医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1160 6260 431 570 116 - - - - -
 当センターは、周産期・小児の専門病院です。全体の7割以上が10歳未満の患者さんで、新生児と小児に専門的な医療を提供するとともにハイリスクな妊産婦への医療も行っています。20歳以上の入院する患者さんは主として産科の患者さんですが、全額または一部自費診療となる場合は、集計の対象外となっております。
 診療科は21科あり、新生児から乳児、学齢期、思春期へと継続した高度な医療を提供できる機能を有しております。
 また、産科はハイリスク妊娠の診療を行うとともに、年間約1700例の分娩を取り扱っており、DPC適用にはならない正常な分娩の取り扱いも積極的に行っています。
 さらに、一般的な小児疾患や重篤小児救急患者も積極的に受け入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 既往帝切後妊娠、骨盤位等 帝王切開あり 206 8.56 9.75 0.00 34.36
120170xx99x0xx 切迫早産、双胎妊娠 手術なし 94 15.94 20.41 0.04 31.65
120170xx01x0xx 切迫早産、双胎妊娠 帝王切開あり 86 24.47 31.42 0.05 32.38
120260xx01xxxx 胎児機能不全、胎児異常等 帝王切開あり 82 9.06 9.67 0.00 34.21
120180xx99xxxx 胎児異常、胎児間輸血症候群等 手術なし 46 4.80 6.70 0.00 30.59
 OGCS(産科救急・母体搬送を円滑に行うための連絡調整システム)の拠点病院として、年間約1700例の分娩を取り扱っています。正常分娩に加えて切迫早産、多胎、胎児疾患など周産期の症例に幅広く対応しています。また、合併症をもつ妊婦や子宮内胎児発育不全の管理も多数行っています。
 また、妊娠中のみではなく、分娩後および術後管理にも力をいれており、帝王切開後入院日数は全国平均より短い入院期間となっています。
 なお、産科の特徴として、入院期間中に自費診療を併用することがあります。その場合、集計対象から除外されているため、症例数が大幅に少なくなっています。
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 2500g以上で出生した新生児 手術なし 689 6.42 6.18 0.04 0.00
140010x299x0xx 1500g~2499gで出生した新生児 手術なし 179 9.36 11.49 0.07 0.06
140010x197x1xx 2500g以上で出生した新生児 新生児蘇生術、中心静脈注射等あり 102 7.78 13.50 0.00 0.00
140010x197x0xx 2500g以上で出生した新生児 新生児蘇生術等あり 48 6.88 8.41 0.00 0.00
140010x297x1xx 1500g~2499gで出生した新生児 新生児蘇生術、中心静脈注射等あり 44 24.11 27.98 0.08 0.00
 平成29年度の新生児ICU(NICU)入院患者数は477人で、1000g未満で出生した新生児は32人、1000gから1499gで出生した新生児は44人、1500g以上で出生した新生児が401人でした。
 大阪府の周産期・小児医療の基幹施設として、地域の医療機関では対応が困難な新生児に対し高度で専門的な医療を提供しています。
呼吸器・アレルギー内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 小児食物アレルギー負荷試験あり 59 1.00 2.20 0.00 3.27 食物アレルギー負荷テストクリニカルパス
040130xx99x1xx 呼吸不全 人工呼吸あり 38 4.55 17.27 0.00 6.03
040130xx99x0xx 呼吸不全 16 5.38 10.84 0.00 5.00
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 12 1.00 2.54 0.00 9.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 11 11.00 20.83 0.00 5.55
 小児の呼吸器・アレルギー疾患の診療を行っています。重度の呼吸不全や先天性気管・気管支狭窄症などの稀な症例から、頻度の高い気管支喘息まで小児呼吸器疾患について幅広く対応しています。食物アレルギーの負荷試験は、約70例施行しており、日帰りで対応しています。なお、9歳以上の患者さんや年3回以上小児食物アレルギー負荷試験を実施した患者さんは、DPCの分岐がないため080270xxxx0xxxに分類されています。
消化器・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 成長ホルモン分泌不全性低身長 負荷検査あり 174 1.63 3.71 0.00 5.16 成長ホルモン分泌機能検査クリニカルパス
060130xx99000x 胃食道逆流症、難治性逆流性食道炎 29 7.17 7.39 0.00 7.55
100330xxxxx0xx 栄養障害 16 28.06 17.51 0.00 4.44
060185xx99x5xx 潰瘍性大腸炎 インフリキシマブ投与 14 9.43 14.91 0.01 10.07
040130xx99x0xx 呼吸不全 12 4.42 10.84 0.00 14.42
低身長の大部分は体質的なものですが、成長ホルモンの分泌不全が原因の場合があります。当科では入院・外来併せて年間、約500件の分泌負荷試験を行っており、現在450人以上の患者さんに成長ホルモンを投与しています。その他内分泌疾患としては甲状腺機能低下症やバセドウ病、思春期早発症、性分化異常症などを多数診療しています。一方、消化器分野としては、神経障害や消化器疾患による嘔吐、経口摂取困難、下痢、便秘などに対して上・下部内視鏡や消化管造影、インピーダンスpHモニターなどの検査を積極的に行っています。重症心身障害児の栄養管理をはじめ、クローン病や潰瘍性大腸炎のような炎症性腸疾患に対する治療や短腸症候群・慢性仮性腸閉塞症などによる腸管機能不全に対する在宅中心静脈栄養も行っています。肝臓分野としては、胆道閉鎖症、B型肝炎・C型肝炎、ウイルソン病、アラジール症候群などさまざまな疾患の診断・治療を行っています。
腎・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140500xx99x1xx 骨軟骨先天性形成異常 パミドロン酸二ナトリウム水和物投与 19 2.95 3.86 0.00 1.89 パミドロン酸二ナトリウム水和物点滴クリニカルパス
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 17 17.06 22.12 0.00 4.47
110280xx99020x 糸球体腎炎、紫斑病腎炎、IgA腎症、腎不全等 連続携行式腹膜灌流あり 12 6.67 8.97 0.00 13.08
100300xx99xxxx ウイルソン病、低ホスファターゼ症等 11 4.64 7.67 0.00 4.82
110260xx99x3xx ネフローゼ症候群 リツキシマブ投与 10 5.40 6.83 0.00 14.30
 骨形成不全症に対するパミドロン酸二ナトリウム点滴治療は、短い日数で治療が終了できるようクリニカルパスを適用しています。ネフローゼ症候群は蛋白尿と低蛋白血症を来す疾患です。ステロイド剤、内服の免疫抑制剤による治療に加えてリツキシマブによる加療も行っています。 
 一方で慢性腎不全の患者さんは、腹膜透析の検査入院時にクリニカルパスを適用し、在院日数短縮を図っています。また、末期腎不全の患者さんには泌尿器科と連携して、小児の腎移植も行っています。
血液・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血、化学療法あり 29 33.10 40.97 0.00 6.48
130010xx99x2xx 急性白血病 化学療法あり 28 6.79 13.34 0.00 6.07
130120xxxxx00x ランゲルハンス組織球症、血球貪食症候群等 18 1.56 10.09 0.00 3.33
130110x1xxx4xx 特発性血小板減少性紫斑病 《16歳未満》 ガンマグロブリン投与 16 6.13 7.66 0.00 7.13
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 輸血・生検・化学療法あり 14 20.50 34.49 0.00 9.93
 急性白血病、非ホジンキンリンパ腫に対する治療期間は6ヶ月から2年に及ぶことから、以前は6ヶ月以上の長期入院が普通でした。最近は、入院期間を短縮して患者さんのQOL(生活の質)を保つよう努めています。
 また当センターでは小児がんを克服した患者さんの長期フォロー(低身長・肥満・不妊など)にも力を入れています。
 なお、入院中に骨髄移植を実施した患者さんは集計対象外となっております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 242 6.14 6.32 0.00 7.11 てんかん検査クリニカルパス
100335xx99x3xx ムコ多糖症、ゴーシェ病等 127 2.03 4.87 0.00 11.11
010310xx99x1xx 低酸素性脳症 人工呼吸あり 80 5.13 14.47 0.00 14.45
040130xx99x1xx 呼吸不全 人工呼吸あり 62 5.60 17.27 0.01 10.24
170060xxxxxxxx 知的障害、運動発達遅滞 39 1.49 9.99 0.00 4.49
 てんかんは小児期に多い神経疾患です。当センターにはビデオ脳波室が2部屋あります。てんかんの診断がつかない症例、難治な症例ではビデオ脳波検査を行い、正確な診断と適切な治療を心掛けています。特に乳幼児期発症のてんかん性脳症(ウエスト症候群、大田原症候群、早期ミオクロニー脳症など)の経験は豊富です。
遺伝子内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170060xxxxxxxx 知的障害、運動発達遅滞 38 1.00 9.99 0.00 3.66
140080xx99x0xx 脳の先天性異常 15 1.07 3.84 0.00 4.60
150110xxxxx0xx 染色体異常 12 1.00 9.27 0.00 4.33
140620xx99xxxx 先天異常症候群 11 1.00 7.50 0.00 4.55
140070xx99xxxx 頭蓋・顔面骨の先天異常症候群 - - 9.43 - -
 遺伝診療科では染色体異常症、知的障害、小頭症などの中枢神経系の先天的な疾患などについて専門的な評価を行っています。当センターは鎮静を要するMRI検査は、安全を重視して入院にて施行していますので、入院症例すべてが鎮静を要するMRI検査入院です。
 当科は、関西における遺伝診断の拠点病院として最終診断を付与する目的で多数の患者さんが紹介され、希少な難治性疾患の診療を行っています。
小児循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 心臓カテーテル検査あり 《1歳以上》 124 3.21 4.32 0.00 7.57 心臓カテーテル検査クリニカルパス
心臓カテーテル検査こども用クリニカルパス
14031xx09900xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 手術なし 《1歳以上》 56 5.02 6.01 0.00 5.82
14031xx004x0xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 経皮的肺動脈形成術等あり 《1歳以上》 37 8.57 5.85 0.00 2.54
14031xx19910xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 心臓カテーテル検査あり 《0歳》 33 3.15 4.52 0.00 0.00 心臓カテーテル検査クリニカルパス
心臓カテーテル検査こども用クリニカルパス
14031xx19900xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 手術なし 《0歳》 29 6.59 8.67 0.00 0.00
 当科では、一般病院では管理が困難な重症先天性心疾患の胎児診断、出生後の管理、治療を積極的に行っています。小児の心臓カテーテル検査はより安全を期して、平成30年4月より3泊4日を基本にしていますので、今後の入院期間は全国平均並みになる見込みです。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14044xxx99x0xx 直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病 15 3.27 6.16 0.00 1.53 肛門内圧・直腸粘膜生検クリニカルパス
100330xxxxx0xx 栄養障害 14 9.57 17.51 0.00 4.14
060570xx99xxxx 短腸症候群、便秘症、肝機能障害等 13 8.00 7.53 0.00 6.31
060170xx02xxxx 臍ヘルニア 腹壁瘢痕ヘルニア手術等あり 10 2.60 8.33 0.00 3.80
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂周囲膿瘍を伴わない虫垂切除術あり - - 5.56 - -
 当科でDPC診療を行っている疾患は鼠径ヘルニアが最も多く、年間150例以上あって原則として2日入院で手術当日に退院しています。しかし、今回の指標条件では、短期滞在手術が除外されていますので、鼠径ヘルニア以外に症例数の多い疾患としては、直腸肛門奇形(鎖肛)やヒルシュスプルング病に対する検査入院(MRI検査・直腸粘膜生検・直腸肛門内圧検査など)、経口摂取障害・栄養障害患者さんに対するPEG(経皮的内視鏡下胃瘻造設術)手術のための入院、短腸症候群症例に対する医療評価入院、臍ヘルニア手術のための入院、急性虫垂炎手術のための入院などが挙げられます。当院では、PEG造設術に対して約1週間の入院期間のクリニカルパスを用いているため、全国平均よりも平均在院日数が短くなっています。また、当科では、臍ヘルニアに対して、1泊2日または2泊3日の入院で手術を行っていますので、全国平均よりも在院日数がかなり短くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080070xx99xxxx 仙骨部皮膚洞(毛巣洞) 96 2.00 7.83 0.00 0.47
140080xx99x0xx 脳・脊髄の先天異常 61 2.00 3.84 0.00 2.75
180040xx97x0xx シャント不全等 手術あり 31 12.23 15.25 0.00 7.10
140070xx97xxxx 頭蓋・顔面骨の先天性奇形症候群 手術あり 29 6.72 11.09 0.00 5.38
140070xx01xxxx 頭蓋・顔面骨の先天性奇形症候群 頭蓋骨形成手術あり 24 29.92 21.36 0.00 4.33
 仙骨部皮膚洞(毛巣洞)や腰仙部から尾骨部までの皮膚陥凹症例の一部に、脊髄の先天性病変(潜在性二分脊椎)がみられます。乳児期に、脊髄の精密検査をし、必要により脊髄の手術をします。
 脳・脊髄の先天異常のグループには、いろいろな脳と脊髄の先天異常が含まれます。二分頭蓋(脳瘤)、二分脊椎、くも膜囊胞などが含まれます。手術治療を行い、長期的に脳や脊髄を保護します。
 シャント不全のグループには、VPシャント閉塞によるシャント不全や、成長に伴うVPシャント短縮が含まれます。手術治療によりVPシャントが正常に機能するようにします。
 頭蓋・顔面骨の先天性奇形症候群では、頭蓋の縫合の一部が早期に閉鎖するため、頭の形が変わります。この病気への頭蓋拡大術では骨延長器を使います。本手術は、その骨延長器を埋め込んだり、摘出したりする手術で、頭蓋拡大手術と一連の治療です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 120 2.63 3.26 0.00 3.01 停留精巣手術(2泊3日)クリニカルパス
停留精巣手術(日帰り)クリニカルパス
140580xx02xxxx 尿道下裂等 尿道形成手術等あり 54 13.63 9.76 0.01 1.94 尿道下裂修復術クリニカルパス
11013xxx03xxxx 膀胱尿管逆流 尿管膀胱吻合術等あり 43 8.26 9.38 0.00 3.84 膀胱尿管逆流クリニカルパス
140580xx97xxxx その他泌尿生殖器奇形 手術あり 27 6.93 6.96 0.00 4.11
11022xxx04xx0x 包茎 包茎手術あり 25 1.76 3.54 0.00 4.52 包茎手術(2泊3日)クリニカルパス
包茎手術(日帰り)クリニカルパス
 当科では、小児の外性器異常、先天性腎尿路異常の治療を積極的に行っています。上記の先天性膀胱尿管逆流は開腹手術のみが対象となっていますが、ここに含まれない内視鏡を使った手術 (デフラックス注入)を合わせると年間約60例になります。いずれもクリニカルパスを用いて在院日数の短い標準化した医療を提供しています。
 また、今回の指標では集計対象外となりますが、小児の腎移植も積極的に行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080180xx970xxx 母斑 手術あり 92 3.62 4.04 0.00 4.63 短期入院クリニカルパス
080180xx99xxxx 母斑 レーザー治療等あり 85 3.12 3.16 0.00 3.19 レーザー照射クリニカルパス
080007xx010xxx 母斑、類皮腫等 皮膚・皮下腫瘍摘出術等あり 79 3.20 4.14 0.00 4.78 短期入院クリニカルパス
060170xx02xxxx 臍ヘルニア 腹壁瘢痕ヘルニア手術等あり 28 4.21 8.33 0.00 4.18 短期入院クリニカルパス
140210xx02xxxx 副耳 副耳(介)切除術 あり 28 3.07 3.07 0.00 0.89 短期入院クリニカルパス
 当科で最も症例数が多いのは母斑です。入院での母斑のレーザー治療は85例ありました。当科では、母斑に対するレーザー治療は主に外来で行っており、約1500人の患者さんに対して行っています。麻酔なしでの治療が困難であると判断した患者さんに対しては外来ではなく、入院して治療を行います。
 入院して治療を行う場合は、クリニカルパスを用いて標準化した治療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視 手術あり 136 4.85 3.28 0.00 6.88 斜視手術クリニカルパス
020320xx97xxxx 睫毛・眼瞼内反症、霰粒腫等 手術あり 34 3.94 3.32 0.00 6.62 眼瞼内反症手術クリニカルパス
020230xx97x1xx 眼瞼下垂 全身麻酔による手術あり - - 5.33 - -
020110xx97xxx1 白内障等の水晶体疾患 手術あり 《両眼》  - - 5.90 - -
140090xxxxxxxx 先天性鼻涙管閉塞症 - - 2.78 - -
 当科は、小児眼科疾患を専門的に扱える数少ない施設です。
 斜視、眼瞼内反症(先天性、後天性)ともに平均在院日数が全国平均より長めとなっております。これは、他院に比べて低年齢の患者さんが多く、術後の観察期間を長く設定しているためです。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎 手術あり 220 2.18 3.29 0.00 5.92 鼓膜チューブ留置術クリニカルパス
030230xxxxxxxx 扁桃・アデノイド肥大、扁桃炎等 182 4.74 8.01 0.00 4.90 扁桃・アデノイド摘出術クリニカルパス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術等あり 29 5.17 8.90 0.00 8.34 鼓室形成術クリニカルパス
030425xx97xxxx 難聴 手術あり 15 5.67 8.82 0.00 4.20 人工内耳術クリニカルパス
140210xx01xxxx 先天性耳瘻孔 先天性耳瘻管摘出術あり 10 3.00 3.79 0.00 6.90
 症例数が、最も多いのは慢性滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術症例、2番目は睡眠時無呼吸症候群の原因である扁桃肥大、アデノイド増殖症に対する手術症例、3番目は慢性穿孔性中耳炎、真珠腫性中耳炎に対する鼓膜形成術、鼓室形成術、乳突削開術症例、4番目の難聴に対する手術は両側重度感音難聴に対する人工内耳植込術症例であり、5番目は先天性耳瘻孔に対する摘出術症例です。いずれも全国平均よりかなり短い入院日数となっています。小児では回復が早いということもありますが、患者さん・保護者の負担とならないように至適な期間での入院を心がけている結果です。また、処置なども必要最低限になるように注意しています。耳科手術においては内視鏡を使った体への負担が少ない手術が多くなっており、人工内耳手術に関しても、小さな切開で、頭髪の剃毛が必要ない手術方法となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140490xx970xxx 手足の先天異常症 手術あり 96 11.72 7.55 0.00 4.63 多指症クリニカルパス
多合趾症クリニカルパス
140490xx971xxx 手足の先天異常症 植皮術等あり 37 7.51 9.67 0.00 1.68
140500xx97x0xx 骨軟骨先天性形成異常 手術あり 25 18.08 15.84 0.00 7.28
140490xx99xxxx 手足の先天異常症 手術なし 25 2.24 5.22 0.00 1.84
140620xx97xxxx 下肢の先天異常症 手術あり 14 13.43 11.12 0.00 9.93
 「手足の先天異常症」で入院される患者さんは遠方からも受診され、大阪府外からも多くの患者さんが来院されているのが特徴です。
 小児の場合、術後の患部の安静が難しいため、在院日数はやや長めになっておりますが、クリニカルパスを用いて標準化した医療を提供しています。また、早期からのリハビリも積極的に行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx002x0xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 ファロー四徴症手術等あり 《1歳以上》 24 25.46 25.29 0.00 1.67
14029xxx01x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 弁形成術等あり 15 12.33 15.18 0.00 3.53
14031xx101x0xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 完全型房室中隔欠損症手術等あり 《0歳》 13 44.85 37.53 0.00 0.00
14031xx103x0xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 心室中隔欠損閉鎖術あり 《0歳》 12 11.08 17.72 0.00 0.00
14031xx101x1xx 心室中隔欠損症、ファロー四徴症等 完全型房室中隔欠損症手術等あり パリビズマブ接種 《0歳》 - - 59.22 - -
 平成29年度の当科の入院症例で多かったのは、就学年齢までに修復手術(根治手術)を行うような、ファロー四徴症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、房室中隔欠損症といった先天性心疾患です。特に心房中隔欠損症や心室中隔欠損症の修復手術では、美容面を考慮した縮小切開等の低侵襲手術を行い、同時に早期退院が可能になっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当センターは小児がん拠点病院であり、悪性腫瘍の治療は積極的に行っていますが、当センターで扱う悪性腫瘍のほとんどは血液腫瘍や軟部腫瘍といった小児に多い悪性腫瘍です。
 一般的に多いとされている5大癌に該当する患者さんは、10症例未満のため定義に基づき表示していません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 11 14.09 20.27
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
当センターは、小児の専門病院ですので、20歳以上の患者さんが入院することは少ないです。20歳以上で、成人市中肺炎で入院した患者さんは、重症度別にそれぞれ10症例未満のため定義に基づき表示していません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -
脳梗塞は、小児に発症することはほとんどなく、年間10症例未満でしたので、定義に基づき表示していません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 緊急帝王切開 241 6.17 6.73 0.05 33.92
K8982 選択帝王切開 196 5.12 6.19 0.00 34.49
K910-2 胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術 21 3.10 14.62 0.05 31.33
K907 胎児外回転術 17 0.00 1.06 0.00 32.82
K9091 妊娠11週までの流産手術 17 0.88 0.35 0.00 37.12 子宮内清掃術クリニカルパス
 手術室や関連科と協力し、24時間緊急帝王切開の対応が可能な体制をとっています。
 また、双胎妊娠のなかでもハイリスクである一絨毛膜双胎を数多く管理しており、一絨毛膜双胎特有の病態である双胎間輸血症候群に対するレーザー焼灼術や一児の子宮内胎児発育不全に対する胎児治療を2010年から開始しました。手術件数は年々増加しております。
新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術《仮死第2度》 242 0.00 30.14 0.12 0.00
K9131 新生児仮死蘇生術《仮死第1度》 63 0.00 10.48 0.00 0.00
K5622 直視下による動脈管開存閉鎖術 - - - - -
K7291 腸管切除を伴わない腸閉鎖症手術 - - - - -
K564 血管輪又は重複大動脈弓離断手術 - - - - -
 新生児仮死蘇生術を受けた患者は、引き続き治療を要する場合が多く、新生児内科入院となります。その入院期間は、仮死第2度の場合は約30.1日、仮死第1度の場合は約10.5日でした。
小児循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 42 5.48 7.17 0.00 1.74
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 11 2.73 11.27 0.00 11.00
K6153 胸腔血管塞栓術 11 1.09 5.64 0.00 2.91
K567-2 経皮的大動脈形成術 - - - - -
K570-2 経皮的肺動脈弁拡張術 - - - - -
 心臓カテーテルによる治療は、心臓血管外科と連携して治療、手術計画をたて行われる場合も多いのですが、入院期間は1週間を基本としています。その他、当科で施行している手術治療としては、動脈管開存に対するコイル治療やアンプラツァーによる治療をはじめ、不整脈に対するカテーテル治療も行っています。
 なお、10症例未満は定義に基づき非表示としています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5223 拡張用バルーンによる食道狭窄拡張術 16 1.38 3.19 0.00 4.56
K664 胃瘻造設術(腹腔鏡下含む) 13 2.54 8.85 0.01 6.69
K718-21 虫垂周囲膿瘍を伴わない腹腔鏡下虫垂切除術 - - - - -
K7151 非観血的腸重積症整復術 - - - - -
K6333 臍ヘルニア手術 - - - - -
 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を除けば、当科で症例数の多いDPC診療手術は、食道吻合部狭窄や先天性食道狭窄症に対する食道バルーン拡張術、経口栄養摂取障害の患者さんに対するPEG(経皮的内視鏡下胃瘻)造設術、腹腔鏡下虫垂切除術、非観血的腸重積整復術、臍ヘルニア手術などです。食道狭窄バルーン拡張術は術前術後を通じて約1週間の入院期間です。また、当施設では全国的に見ても小児に対してPEG造設術を積極的に行っている施設の一つです。虫垂切除術は原則として腹腔鏡下に行います。また、他の小児科施設で非観血的整復ができなかった腸重積の患者さんを積極的に引き受け、当施設で再度非観血的腸重積整復術を行っています。臍ヘルニアでは原則として1泊2日または2泊3日の入院で手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1742 水頭症手術 《シャント手術》 29 4.17 8.86 0.00 8.79
K1803 骨移動を伴う頭蓋骨形成手術 22 2.55 28.36 0.00 3.95
K1912 髄内の脊髄腫瘍摘出術 21 2.43 11.33 0.00 6.71
K167 頭蓋内腫瘤摘出術 13 4.00 8.38 0.00 6.31
K610-2 脳新生血管造成術 10 4.00 13.50 0.00 7.90
 水頭症手術(シャント手術)は、水頭症という脳室に髄液がたまる病気に対して、シリコンの管をうめこみ脳を保護する手術です。小児は、いろいろな原因で水頭症になりますが、治療法はVPシャント術を選択することがほとんどです。年間40-60件の水頭症手術を行っています。
 頭蓋骨形成術(骨移動を伴うもの)は、頭蓋骨縫合早期癒合症(狭頭症)に対し頭蓋を拡大する手術です。1回法(頭蓋骨を切開し1回で拡大する方法)や骨延長法(ゆっくりネジで延長する方法)で頭蓋を拡大し、頭蓋の形を自然に近い形とし、脳圧を下げ、長期的に脳を保護します。年間30-40件の頭蓋骨形成術(骨移動を伴うもの)を行っています。
 髄内の脊髄腫瘍摘出術は、先天性の脊髄脂肪腫やそのほかの髄内脊髄腫瘍に対する手術です。脊髄にある腫瘍を摘出したり、先天性脂肪腫による癒着を剥離し脊髄を守ります。
 頭蓋内腫瘤摘出術は、くも膜嚢胞に対しての手術治療です。顕微鏡下でくも膜嚢胞の被膜摘出を行い、髄液腔に交通させます。
 脳新生血管造成術は、もやもや病に対し、頭蓋外から血管を移植し脳の血流を増やす手術です。小児では、浅側頭動脈や後頭動脈を含んだ帽状腱膜を脳表に移植する間接血行再建術という手法が多く用いられています。両側性の病気ですので、重症度に合わせ1人あたり2-8箇所の血行再建を行います。年間20-30件の脳新生血管造成術を行っています。
 いずれの手術も他の子ども病院に比べ、多くの患者の手術を施行しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 118 0.66 0.83 0.00 2.87 停留精巣手術(2泊3日)クリニカルパス
停留精巣手術(日帰り)クリニカルパス
K819 尿道下裂形成手術 71 1.00 10.92 0.00 2.93 尿道下裂修復術クリニカルパス
K809-2 膀胱尿管逆流手術 51 1.22 6.24 0.00 3.41 膀胱尿管逆流クリニカルパス
K8282 環状切除術による包茎手術 30 0.37 0.47 0.00 4.73 包茎手術(2泊3日)クリニカルパス
包茎手術(日帰り)クリニカルパス
K821 尿道狭窄内視鏡手術 17 0.76 4.53 0.01 5.94
 停留精巣固定術や包茎手術は原則として日帰り手術を行っています。
 尿道下裂形成術は1歳前後で手術を行っており、導尿の管を抜いてからの退院となりますので、2週間程度の入院になります。
 膀胱尿管逆流手術は、6日程度の入院になります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 長径2㎝未満の皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 78 0.95 1.08 0.00 4.97 短期入院クリニカルパス
K0052 長径2㎝以上4㎝未満の皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 37 0.97 1.08 0.00 2.81 短期入院クリニカルパス
K0053 長径4㎝以上の皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 30 1.00 2.60 0.00 4.63 短期入院クリニカルパス
K288 副耳(介)切除術 29 0.97 1.03 0.00 1.24 短期入院クリニカルパス
K6333 臍ヘルニア手術 27 1.00 2.19 0.00 4.22 短期入院クリニカルパス
 母斑の手術は、3~4日の入院でクリニカルパスを用いて、標準化した治療を行っています。
 当センターでは、低年齢児への麻酔が可能ですので、麻酔をしなくても手術・処置が行える年齢まで待つことなく、ご希望に沿って治療時期を決定することが可能です。
 母斑手術(皮膚、皮下腫瘍摘出術)は大きさにより分類が異なるため、症例数が分散されています。また、母斑に対してはレーザー治療を積極的に行っていますが、診療報酬請求上は処置に分類されるため、手術数には集計されていません。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2423 前転法と後転法による斜視手術 83 2.25 1.55 0.00 6.98 斜視手術クリニカルパス
K2422 後転法による斜視手術 19 2.32 1.58 0.00 6.68 斜視手術クリニカルパス
K2424 斜筋手術による斜視手術 14 2.50 1.50 0.00 4.50 斜視手術クリニカルパス
K2172 皮膚切開法による眼瞼内反症手術 14 2.14 1.64 0.00 5.86 眼瞼内反症手術クリニカルパス
K2425 直筋の前後転法と斜筋手術による斜視手術 11 2.09 1.91 0.00 5.09 斜視手術クリニカルパス
 当科では、小児眼科特有の疾患である各種斜視に対して、年間約140例の手術を行っております。眼球に付着している筋肉の位置を変え、眼位の矯正を行いますが、目の状態により後転法、前転後転法、短縮法などを選択します。いずれの場合も年齢や状態に合わせ、眼位検査や視機能検査を実施し、術後の痛みが和らいでから退院します。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜チューブ挿入術 242 1.04 0.46 0.00 5.69 鼓膜チューブ留置術クリニカルパス
K3772 口蓋扁桃手術 《扁桃摘出術》 150 1.00 3.14 0.00 5.19 扁桃・アデノイド摘出術クリニカルパス
K319 鼓室形成手術 35 1.03 3.11 0.00 8.31 鼓室形成術クリニカルパス
K370 アデノイド切除術 20 1.00 1.30 0.00 5.25 扁桃・アデノイド摘出術クリニカルパス
K328 人工内耳植込術 11 1.00 3.00 0.00 3.00 人工内耳術クリニカルパス
 当科では手術日の前日に入院していただきます。鼓膜チューブ挿入術は手術当日、アデノイド切除術は手術翌日、口蓋扁桃摘出術、鼓室形成術、人工内耳植込術は術後3日目の退院となっています。小児専門病院ということもあり、低年齢であっても手術を行っています。また、合併症をもつ患者さんが多いのも特徴となっていますが、麻酔科の協力で安全に治療を行なっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1002 骨関節、腱の形成を要する多指(趾)症手術 30 1.00 6.23 0.00 0.63 多指症クリニカルパス
K1012 骨関節、腱の形成を要する合指(趾)症手術 24 1.00 6.71 0.00 2.83 合趾症クリニカルパス
K0584 指(趾)以外の骨長調整手術 21 1.05 35.14 0.00 12.14
K0482 上腕・大腿の骨内異物(挿入物を含む)除去術 19 1.00 1.26 0.00 11.42
K0581 骨端軟骨発育抑制術 17 1.00 7.59 0.00 8.82
 合指症と多指症の手術は低年齢での施行が多く、全身状態の回復が早いため、一般的に術後入院日数は1週間以内となっています。全層植皮術は合指症や多指症に伴うものが多くなっています。これらの手術ではクリニカルパスを用いて標準化した治療を行っています。多合指症については、全国的にみても多くの患者の手術を施行しています。また、骨調整手術(延長術と骨端軟骨発生抑制術)も比較的多くなされています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5761 心室中隔欠損閉鎖術 19 1.26 9.32 0.00 2.58
K5741 心房中隔欠損閉鎖術 14 1.21 10.36 0.00 3.43
K5862 フォンタン手術 13 1.00 29.15 0.00 1.77
K5822 右室流出路形成を伴う両大血管右室起始症手術 - - - - -
K579-21 心房及び心室中隔欠損パッチ閉鎖術を伴う完全型房室中隔欠損症手術 - - - - -
 当科で最も多い手術は、心室中隔欠損閉鎖術および心房中隔欠損閉鎖術で、入院期間は約1~2週間です。縮小切開等の低侵襲手術により早期退院を目指しています。次に多いのは単心室症に対するフォンタン手術です。生後から段階的に治療を進め、2才頃に最終手術として行います。入院期間は約1ヶ月で、術後は顔色不良等のチアノーゼ症状が改善します。また、両大血管右室起始症や房室中隔欠損症に対する心内修復手術も同様に多いです。1才までに手術を行うことが多く、入院期間は約2~3週間で、術後はチアノーゼあるいは心不全症状が改善します。
 なお10症例未満は非表示となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 73 0.86
異なる - -
 播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症、その他の真菌症は、いずれも年間10症例未満でしたが、これは診断基準を遵守していることと医療資源病名として選択できる症例が少なかったことを表しています。
 DPC180040の手術・処置等の合併症には水頭症のシャント不全等が含まれます。ただし、小児の場合は、成長に伴ってシャントの交換が必要となり、長期間の経過を見守るべき小児医療においてはシャント不全でなくともシャント交換は不可避です。また、この項目には、経管栄養や透析チューブの感染症例が含まれます。長期にわたり在宅管理をしていると、これらの合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。当センターでは、これらの合併症を予測し定期的な外来受診を促すとともに、発症した場合はすぐに入院治療ができる体制を整えております。
更新履歴