総合情報

新型コロナウイルス感染対策

新型コロナウイルス感染対策のために!外来受診および面会について

病院内への立入人数を減らすため、外来受診の際は、同伴者は最小限となるようご協力をお願いします。

また、入院患者さんについてもエレベーターホール等、病棟外での面会は禁止とさせて頂きます。

感染対策へのご協力をよろしくお願い致します。

入院される患者さんご家族へ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大を続けています。特に小児においては症状が軽くても新型コロナウイルス感染症である場合が報告されています。当センターで院内での新型コロナウイルス感染症を防ぐため、下記にご協力ください。

 

  1. 発熱または感染による呼吸器症状(鼻汁、咳嗽など。花粉症や慢性的な鼻炎等は除く)がある場合には、症状が軽い場合であっても緊急性のない検査入院、手術、医療評価入院は延期となります。自宅で上記の症状がありましたら、来院せずに電話にて主治医に相談して頂くようお願い致します。
  2. 上記症状があっても入院治療が必要であると主治医が判断した場合は、新型コロナウイルス感染症を含めた対応となることがありますのでご了承ください。

外来予約の入っている患者さんへ

来院していただかなくても、慢性疾患治療薬については、担当医が院外処方箋を発行し、ご希望の薬局でお薬を受け取れます。
⇒ 診療予定日の予約時間に、大阪母子医療センター(℡0725‐56‐1220)へご連絡いただき、
担当医へつないでもらってください。

 

外来診療時に直近の検査結果の説明を受ける予定の方も、検査内容によっては、来院して頂かなくて、電話でお伝えすることが可能な場合があります。
⇒ 診療予定日の予約時間に、大阪母子医療センター(℡0725‐56‐1220)へご連絡いただき、担当医へつないでもらってください。

外来を受診される予定の患者さんへ

新型コロナウイルス感染症(疑いを含む)の方と接触した可能性がある患者さんは、病院内に入らずに、夜間通用口のインターフォンを押してください。係員が案内させていただきます。

夜間通用口(PDFファイル 54KB)>>

外来での滞在時間をできる限り短縮するため、

  • 病気が安定されておられる患者さんで、本日は処方のみでいい場合
    ⇒ 受付にお申し出ください。
  • 診療料等の清算につきまして、次回の診療の際など、後日お支払いいただくことが可能です。
    ただし、小児慢性特定疾患など自己負担上限額管理票の記載が必要な場合を除きます。
    ⇒ 会計にお申し出ください。

妊婦の皆さんへ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面のあいだ集団教室を中止します。

ご理解ご協力お願いいたします。対象の教室は以下の通りです。

● ほほえみ学級(妊娠編)

● ほほえみ学級(出産・育児編)

● 沐浴教室

● 多胎学級

● 無痛分娩学級

※ 産後2週間健診は、従来の集団検診ではなく、患者さんごとに時間帯をわける形で

   継続いたします。

面会者の皆様へ

患者さんたちの安全を確保するため、面会者は、事前に自宅で体温を計測していただき、37度5分以上の場合は、面会はご遠慮ください。
なお、小児棟での面会は、患者さんのご両親のみとさせていただきます。
母性棟での面会は、原則、赤ちゃんのお父さんのみとさせていただきます。

事業者の皆様へ

病院内への立ち入りに関するお願い(PDFファイル 81KB)>>