総合情報

地域診療情報連携システム「南大阪MOCOネット」について

「南大阪MOCOネット」とは

大阪母子医療センターでの検査や処方などの診療情報等について、患者から同意を得た医療関連機関に対してインターネットを利用して閲覧できるようにしたシステムです。

患者さんへのメリット

医療情報を共有することで、下記の安全で質の高い医療、ケアを切れ目なく提供することができます。

  • 患者の診療情報などを共有することができます。

  • 検査結果・画像データが共有され、最新情報を見ることができます。
  • 処方データが共有され、投与量の変更なども瞬時に判断することができます。

セキュリティ

  • 医療機関では、データセンターを介して当センターの診療情報や画像情報を参照します。

  • データセンター、当センター、参照施設間の通信環境に ついては、「診療情報システムの安全管理に関するガイド ライン」(厚生労働省)に定められているIPSec-VPN+IKEを採用したセキュア環境を実現します。

閲覧できる情報

閲覧できる情報は主に以下の通りとなります。

患者基本情報、アレルギー情報、病名、検査結果、放射線画像、処方、手術歴、入退院歴、サマリー情報など

  • 参照施設(診療所、訪問看護ステーション、保健所、調剤薬局)により閲覧できる範囲が異なります。

 

現在のところは試行運用です。順次、対象医療機関を増やしていきたいと考えておりますので、当センターからのご案内をお待ちください。

南大阪MOCOネット(医療機関向けパンフレット)

南大阪MOCOネット(患者さん向けパンフレット)