CLOSE
CLOSE

お産について

分娩の方法

分娩には経膣分娩、帝王切開など、などいくつかの方法があります。それぞれの分娩方法をご紹介していきます。

経腟分娩

産道を通して赤ちゃんを出産する方法です。自然陣痛で進行する場合もありますが、状況に応じて陣痛促進剤・誘発剤の使用や、吸引・鉗子などの手助けを行うこともあります。

帝王切開

経腟分娩だと母子の身体にリスクがある場合、手術で子宮を切開して赤ちゃんを出産する方法です。

帝王切開になるケースは2つあります。ひとつは、妊娠中から自然分娩が難しいと判断され、計画的に行われる「予定帝王切開」。2つ目は、出産時に赤ちゃんやお母さまの容体が変わり、経腟分娩が難しいと判断された場合に行われる「緊急帝王切開」です。

①予定帝王切開

骨盤位(逆子)、双子以上の多胎妊娠、前置胎盤などを理由に、自然分娩が難しいと判断される場合、予定帝王切開を行います。

②緊急帝王切開

緊急帝王切開と判断する場合の主な理由をご紹介します。

分娩停止

分娩進行が止まってしまい、経腟分娩が不可能と判断された場合に緊急帝王切開を行います。

常位胎盤早期剥離(たいばんそうきはくり)

赤ちゃんが母体から出る前に胎盤が剥がれると、母子ともに危険な状態になるため、緊急帝王切開を行います。

胎児機能不全

妊娠高血圧症候群、胎盤早期剥離などが原因でお腹の中の赤ちゃんの健康に異常がある、または異常を生じる可能性があると判断される場合に緊急帝王切開を行います。

その他の分娩の種類

無痛分娩

無痛分娩とは、麻酔によって分娩時の痛みを軽減させてお産をする方法です。痛みを和らげることで、取り乱さずに落ち着いて出産できること、体力を温存しながら出産できることが利点です。 当院では麻酔科医師が麻酔を担当します。

VBAC

VBACとは、1度帝王切開を経験された方が自然分娩を試みることです

費用について費用について