MENU MENU CLOSE CLOSE

調べる

診療科・部門のご案内

キービジュアル

産科

診療科の概要

当センターは、1981年に母と子のための専門病院として開設されました。以降、本邦における母子保健、母子医療の中核施設として、母体・胎児の診療と研究に取り組んでいます。
2001年には大阪府内で初めての総合周産期母子医療センターに認定されました。

当科に外来通院される妊産婦の診療や保健指導に力を注ぐとともに、地域からの母体搬送や産科救急にも24時間体制で対応し、リスクの高い妊娠に対する周産期管理を行っています。
当センターは大阪府のOGCS(産婦人科診療相互援助システム)の基幹病院としての役割をもち、府内全域からの産科救急母体搬送の受入れや、医療施設間での母体搬送のコーディネートなどの業務も行っています。OGCSによる母体搬送システムは1987年に大阪府で全国に先がけて整備され、25年以上の歴史があります。活動は大阪府内にとどまらず、全国的な連携も行っています。 また、当科では、妊娠中からの母乳育児のサポートや、母子同室に力を入れており、合併症のない健康な妊産婦、里帰り出産をご希望される方も積極的に受入れております。

当科では母児のリスクが低い(ローリスク)妊娠に加えて、母児に合併症のあるさまざまなハイリスク妊娠を取り扱っています。1年間の分娩総数は平均約1,600件で、そのうち早産例は約200件、多胎妊娠の分娩例は約120件、胎児疾患の分娩例は約160件です。 ハイリスク妊娠に対しては、いくつかの専門外来を設けて対応しています。

主な対象疾患

主な検査と治療

    • 検 査
      胎児超音波検査・胎児心エコー・NST・胎児MRI・CT・羊水穿刺・臍帯穿刺による胎児採血など
    • 治 療
      胎児胸腹水の穿刺、カテーテル留置・胎児交換輸血・胎児甲状腺腫に対する 羊水中投薬・胎児不整脈に対する抗不整脈剤投与・緊急頚管縫縮術・胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術など
妊婦さんのサイトはこちら

関連リンク

2021年の分娩総数は1,710件です。ローリスク妊娠に加えて母児に合併症のある様々なハイリスク妊娠を取り扱っており、早産は199件、多胎妊娠の分娩は151件、胎児疾患の分娩例は250件です。

専門外来

  • 「多胎外来」では、多胎妊娠に伴う母児の合併症を最小限にするための管理を行っています。特に双胎間輸血症候群(TTTS)や一部の(selectiveIUGR)に対しては胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー焼灼術(FLP)を導入しており、他府県からの紹介例も多くあります。2021年の多胎外来初診数は141件でした。また、2021年のFLP施行件数は、44件でした。
  • 「胎児外来」では、横隔膜ヘルニア、臍帯ヘルニア、食道閉鎖などの小児外科疾患、胎児不整脈や心構造異常などの胎児循環器疾患、胎児水腎症などの泌尿器科疾患、水頭症などの脳外科疾患、口唇口蓋裂などの口腔外科疾患などを小児各科と連携して、診断から治療まで一貫して行っています。2021年の胎児外来初診数は365件でした。
  • 「出生前診断カウンセリング外来」では、超音波検査、染色体検査、NIPTなどに関する出生前診断カウンセリングを行っており、2021年は376件でした。
  • 「母体合併症外来」では、糖尿病、高血圧、甲状腺疾患、自己免疫疾患、前回妊娠高血圧症候群、腎疾患、心疾患、てんかんなど様々な合併症をお持ちの妊婦さんの妊娠管理を、母性内科と協力して行っています。
  • 「流早産予防外来」では、2回以上繰り返す流産や、原因不明の死産・新生児死亡によって生児を得られない方、前回早産既往の患者様について、以前の妊娠分娩歴を詳細に確認し、今回の妊娠での流早産予防への対応を行っています。

母体搬送

当センターでは2021年に201件の母体搬送症例を受け入れ、切迫早産、前期破水、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、妊娠高血圧症候群、胎児機能不全などの母児の救急救命センターとして中核的な役割を担っています。

助産外来

ローリスク妊婦の方々を対象に女性が本来持っている分娩と育児に対する力を最大限に引き出す取り組みを行っています。

無痛分娩

当院では、麻酔科医による硬膜外麻酔での無痛分娩を行っています。原則として24時間365日対応可能です。陣痛によって子宮口がある程度開いた状態で、痛みに合わせて硬膜外麻酔を開始します。2021年497件でした。

スタッフ紹介

  • 光田 信明

    病院長

    光田 信明
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医/専門医制度指導医 母体保護法指定医 医学博士
  • 石井 桂介

    主任部長

    石井 桂介
    主な専攻分野 周産期医学、胎児治療、多胎妊娠
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医/専門医制度指導医 日本周産期・新生児医学会認定 専門医/母体・胎児代表指導医 日本超音波医学会認定 超音波専門医/超音波指導医 母体保護法指定医 医学博士
    略歴 2003年 Florida institute      for Fetal Diagnosis and Therapy 2010年 大阪府立母子保健総合医療 センターに着任 2013年 同 産科部長
    ひとこと

    妊娠中のみなさまが安全にかつ安心して過ごせるように、母子医療センターの産科では新しい医療に取り組んでおります。

  • 岡本 陽子

    副部長

    主な専攻分野 周産期医学、遺伝カウンセリング
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会認定 臨床遺伝専門医 The Fetal Medicine Foundation認定 NT certificate(NT資格) 母体保護法指定医
    略歴 2011年~ 大阪母子医療センター
    ひとこと

    分かりやすい医療を心がけています。

  • 林 周作

    副部長

    林 周作
    主な専攻分野 周産期医学
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医/専門医制度指導医 日本周産期・新生児医学会認定 母体・胎児専門医 日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会認定 臨床遺伝専門医 The Fetal Medicine Foundation認定 NT certificate(NT資格) The Fetal Medicine Foundation認定 Nasal bone certificate(鼻骨資格) The Fetal Medicine Foundation認定 Preeclampsia screening certificate (PE資格) 母体保護法指定医
    略歴 1999年  大阪大学医学部卒業      大阪大学医学部附属病院、      大阪警察病院、      関西労災病院勤務 2008年~ 大阪母子医療センター
    ひとこと

    妊婦健診、多胎外来、流早産予防外来、出生前カウンセリング外来を担当しています。

  • 笹原 淳

    副部長

    笹原 淳
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医/専門医制度指導医 日本周産期・新生児医学会認定 母体胎児専門医/母体・胎児指導医 日本超音波医学会認定 超音波専門医/超音波指導医 母体保護法指定医
  • 山本 亮

    副部長

    山本 亮
    主な専攻分野 周産期医学、胎児診断・治療、不育症
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 日本周産期・新生児医学会認定 母体・胎児専門医 日本超音波医学会認定 超音波専門医 母体保護法指定医
    略歴 2004年  大阪大学医学部医学科 卒業 2010年~ 大阪母子医療センター
    ひとこと

    妊婦さんが安心感を感じられるよう努めます。

  • 川口 晴菜

    副部長

    川口 晴菜
    主な専攻分野 周産期医学、小児婦人科
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 日本周産期・新生児医学会認定 母体・胎児専門医 母体保護法指定医 医学博士
    略歴 2008~12年 大阪母子医療センター 2012~13年 大阪府保健所勤務 2014年~  大阪母子医療センター
    ひとこと

    超音波診断やハイリスク妊娠の管理に加え、思春期の婦人科診療に力を入れています。

  • 脇本 哲

    副部長

    脇本 哲
    主な専攻分野 周産期医学
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医/専門医制度指導医 日本周産期・新生児医学会認定 母体・胎児専門医 日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医 母体保護法指定医 The Fetal Medicine Foundation認定 NT certificate(NT資格) The Fetal Medicine Foundation認定 Nasal bone certificate(鼻骨資格) 医学博士
    略歴 2021年~ 大阪母子医療センター
    ひとこと

    妊婦さんに寄り添いながら治療を行ってまいります。

  • 山本 瑠美子

    医長

    主な専攻分野 周産期医学
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 日本周産期・新生児医学会認定 母体・胎児専門医 母体保護法指定医
    略歴 2019年~ 大阪母子医療センター
    ひとこと

    安心して出産していただけるよう努めます。

  • 和形 麻衣子

    診療主任

    主な専攻分野 周産期医学
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 日本周産期・新生児医学会認定 母体・胎児専門医 日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会認定 臨床遺伝専門医 医学博士
    略歴 2010年 京都府立医科大学卒   京都第一赤十字病院、   聖隷浜松病院、   宮城県立こども病院、   東北大学を経て 2019年~ 大阪母子医療センター
    ひとこと

    安全なお産のためにがんばります。

  • 菅田 佳奈

    医師

    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 母体保護法指定医
  • 山田 拓馬

    医師

    主な専攻分野 周産期医学
    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 母体保護法指定医
    略歴 2021年~ 大阪母子医療センター
    ひとこと

    患者様と真摯に向き合い精一杯頑張ります。

  • 新谷 万智子

    医師

    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専門医 母体保護法指定医
  • 舟津 えり子

    医師

    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専攻医
  • 槇原 貫

    医師

    所属学会・資格など 日本産科婦人科学会認定 専攻医

外来担当医表

午前 初再診 石井 山本 笹原 岡本
再診 光田 脇本 石井 川口
母体合併症外来
胎児外来
多胎外来
流早産予防外来
午後 初再診 新谷 山本(瑠) 山田 和形 菅田
再診 舟津 槇原
母体合併症外来
胎児外来
出生前カウンセリング
流早産予防外来
胎児精密超音波外来