医療従事者の負担軽減及び処遇の改善に関する取り組み

医療従事者の負担軽減及び処遇の改善に関する取り組み

Ⅰ 勤務医の負担軽減及び処遇改善について

1) 医師の負担軽減にむけた取り組み

  1. 共同主治医体制(チーム制)の推進
  2. 地域の保健医療機関との連携強化
  3. 業務・会議等の効率化
  4. 勤務に応じた柔軟な体制の構築
    (当直明けすぐに帰宅できるよう、翌日の勤務を深夜に前倒しする等)

2) 他職種との業務分担

  1. チーム医療の充実
  2. クリニカルパスの推進

3) 医師事務作業補助者の配置と育成

Ⅱ 看護職員の負担軽減及び処遇改善について

1) 看護師の時間外労働時間短縮にむけた取り組み

  1. ワークライフバランスに合わせた2交代勤務・3交代勤務の導入

  2. 業務多忙になる時間帯の早出・遅出体制の導入
  3. 育児短時間制度による勤務体制の導入
  4. 重症度・医療体制・看護必要度に応じた看護師配置
  5. 入退院支援業務の拡大

2) 他職種との業務分担

  1. チーム医療の充実

  2. サポートスタッフ(看護補助者・病棟クラークなど)の配置と育成

Ⅲ その他(他職種共通)

1) 有給休暇取得促進

2) ワークライフバランスの推進

3) 院内託児所の実施(病児保育・夜間保育の実施)

4) 妊娠・育児・介護に関する休暇取得促進