キービジュアル

総長からのごあいさつ

キャラクター背景

総長からのごあいさつ

地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪母子医療センター 総長 倉智 博久地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪母子医療センター 総長 倉智 博久

ホームページを全面的にリニューアルしました

このたび、当センターホームページを全面的にリニューアルしました。今までのものは2013年4月に新規公開したものでしたが、患者さんがご希望の情報にアクセスすることが難しいことなど改善すべき点が多くありました。
今回の改訂のポイントは以下のとおりです。

  • 閲覧する方(患者さん・医療関係者・研究者・就職希望者)によって入口を分けました。
  • とくに、患者さんが希望される情報(お産を希望される方、診療科や医師、病気に関する情報など)にアクセスしやすいように工夫しました。
  • 新型コロナへの対応などの情報は来院される患者さんやご家族にいち早く伝える必要があります。新しいホームページでは、「来院する患者さんへ」というコンテンツを設け、来院前に迅速に必要な情報をすべてこのサブページで確実にお伝えできるようにしました。
  • 当センターの患者さんは、多くの方がスマートフォンでホームページをご覧になっていますので、スマホで見やすくしました。
  • 各部門の記事やデータ、写真などを統一感のあるものとしました。

2021年度の当センターの取り組み

2021年度は、当センター開設40周年の節目の年でした。残念ながら、新型コロナ禍のため記念式典などを催すことはできませんでしたが、40周年記念誌を発行し広く配布させていただきました。今後50周年・60周年に向けてますます発展すべく努力します。皆さまの変わらぬご指導・ご鞭撻と協力をよろしくお願いいたします。

2021年度の当センターの重要課題は、病院の建て替えに向けて前進することでした。地域医療構想との整合性やコロナ禍による混乱で基本構想の段階で2年間足踏みしましたが、府立病院機構本部や大阪府のご支援をいただき、2022年度に基本計画に進むことができました。今後、基本設計・実施設計そして建設工事へと確実に歩を進めたいと思います。

2021年も前年に続いて新型コロナに翻弄されました。8-10月の第5波ではそれまでと様相が一変して小児や妊婦の感染者が著増し、2022年初からの第6波ではさらにその傾向が強まりました。われわれも多くの感染者を受け入れましたが、そのため病棟の1部をコロナ患者専用として、入院患者数を制限せざるを得ず、患者さんとご家族に多大なご迷惑をおかけしました。この事態の一日も早い収束と、医療体制の正常化を強く願っています。コロナ禍の中でも、私たちは府の周産期と小児の拠点病院としての役割を確実に遂行することが重要と考え職員一同業務に当たっています。

大阪母子医療センターの沿革

当センターは、大阪府域、とくに府南部地域における周産期医療の専門的な基幹施設として、地域の医療機関では対応が困難な妊産婦や低出生体重児・新生児に対して高度・専門医療を行うため、1981年に診療を開始しました。1991年には、小児医療部門(こども病院)を開設し、小児の高度・先進的な医療を提供しています。もちろん、ローリスクな妊産婦、幅広い小児の内科的・外科的疾患患者も積極的に受け入れています。小児救急医療では、2018年11月より小児救命救急センターとして3次救急を担当し、2020年12月には大阪府の「二次救急告示医療機関」に認定されました。2022年4月からは泉州の小児救急輪番病院にも加わり、一次救急も一部担当しています。

小児部門開始と同じ1991年には研究所を開設し、病院と一体となって周産期・小児分野の希少・難治性疾患のゲノム解析・病態解明や診断・治療法の開発に取り組むとともに、学術的にも大きな成果を挙げています。

母子保健事業は開設以来の当センターの根幹です。「にんしんSOS」「妊産婦こころの相談センター」「児童虐待防止ネットワーク」など多くの事業を府から受託しています。2021年末からは母子保健調査室に新たなメンバーを迎えました。徐々に体制を強化して大阪府の母子保健で指導的な役割を果たしていきたいと考えています。

大阪母子医療センターの診療

  • 総合周産期母子医療センター
    府内随一の総合周産期母子医療センターとして、他の医療機関では受け入れ困難なハイリスク妊産婦、胎児や超低出生体重児の治療を行っています。同時にローリスクのお産を積極的に受け入れています。
    大阪府のOGCS(産婦人科診療相互援助システム)、NMCS(新生児診療相互援助システム)の中核的役割を担い、母体緊急搬送、新生児搬送例を積極的に受け入れています。
    「無痛分娩」を積極的に実施しています。麻酔医がすべて管理することで安全体制は万全ですので、安心して受けていただけます。実施数も大きく増えて、現在、通常分娩の4割の方が無痛分娩で快適でしかも安全なお産をされています。
  • 小児医療―希少・難治例を含む幅広い小児疾患に高度な医療を提供
    小児医療の基幹施設として、小児がんを含む難治性の内科的疾患や先天性心疾患などの新生児・小児の外科的疾患に対する高度専門医療を提供しています。麻酔科・集中治療科も充実し、手術中・術後の管理が難しい乳幼児に対する手術も数多く行っています。
    同時に、幅広い小児の内科・外科的疾患患者も積極的に受け入れています。
  • 多職種によるチーム医療の充実・長期フォロー、在宅医療の促進
    高度専門医療を提供するにあたって、医師・看護師・医療技術職などが一体となってチーム医療を推進しています。主疾病の治療だけでなく、合併症や心の問題への適切な対応や家族への支援などには、心理士やホスピタル・プレイ士など多くの専門職種も協働して、こども達の成長に合わせた関わりを提供しています。
    病院内の環境整備を行うとともに、ボランティアによる託児、ファミリーハウスの設置、さらにはこどもが主体的に治療に取り組めるよう保育士などの配置を行い、病気の治療はもちろん健やかな発達を支援する体制を整え、実践しています。
    急性期治療終了後の患者さんの生活の質改善のため、地域関係機関との連携のもとで、保健師、ケースワーカーや看護師などによるフォローアップも行っています。特に低出生体重児の発達フォロー、性分化疾患や小児がんの患者さんの晩期合併症としての思春期以降の心の問題や生殖機能・妊孕性のフォローに力を入れています。
    在宅医療への移行も、地域の関係機関のご協力をいただきながら積極的に進めています。また、大阪府の事業も受け入れ、移行期医療にも力を入れています。

人材育成

小児科研修では専攻医の基幹施設となるとともに、多くの診療科が大学病院などの研修連携施設となっています。産科シニアフェロー制度を設置し、専門医の育成を行っています。また、次世代リーダーの人材育成を行う環境整備を行い、継続して高度な医療が提供できる体制を整備します。

看護部門やコメディカル部門でも多くの研修生・実習生を受け入れ人材育成に大きく貢献しています。

研究所でも当センター医師や大阪大学医学部などの大学院生を積極的に受け入れ、研究者を育成しています。

最後に

当センターは、高度専門医療・研究をさらに推進し、未来を担うこどもたちが病気に打ち勝ち、健やかな成長を遂げて、こども達とご家族が「勇気、夢そして笑顔」を持てるよう、患者さんを中心とした医療を提供します。

また、若い医師・看護師・コメディカルなどの皆様が当センターで勤務したい、研修したいと憧れて頂けるよう診療、研究、人材育成など、すべての面で日本の周産期、小児医療をリードする病院を目指します。

(2022年6月)
地方独立行政法人大阪府立病院機構
大阪母子医療センター
総長 倉智 博久