設置目的

設置目的

母子医療センターは、大阪府域における周産期医療の専門的な基幹施設として、地域の医療機関では対応が困難な妊産婦や低出生体重児、新生児に対し、高度・専門医療を行うため、昭和56年(1981年)10月診療を開始しました。

平成3年(1991年)には、小児医療部門(子ども病院)を開設し、乳幼児等に対しても新生児期からの一貫的な医療を行っています。

併設の研究所においても、母と子にかかわる疾病の原因の解明、診断、治療、予防法の開発に取り組んでいます。

今後とも、母と子の健康と医療を守るセンターとして、医療水準の向上に取り組んでまいります。