センターの組織

センターの組織

主な委員会

院内感染症防止対策委員会
院内感染症に対する監視・対策に医師・看護師・コメディカルが一体となって取り組んでいます。年数回開催される委員会では、環境モニタリングの結果や院内感染症発生の動向が報告され、環境整備や感染対策が検討されます。
また委員会内にはICT(Infection Control Team)が組織されており、実際に院内感染症が発生したときはICTに速やかに報告され、当該感染症の発症に至る経緯などの調査が行われ、2次感染発生を阻止すべくただちに対策が実行されています。