環境影響部門

部長からのごあいさつ

部長写真大阪母子医療センター研究所・環境影響部門のホームページをご訪問いただきありがとうございます。

当研究室においては、小児における最大の特徴のひとつである、「成長」を研究の対象としています。胎児期から乳幼児期、小児期にかけて、身体は急速な発育を遂げますが、その中心的な役割を担っているのは、骨格の形成と成長です。小児が日々成長することは大きな驚きであり、最終的な大きさが一定の範囲に収まることもまた不思議です。私たちは、骨代謝やミネラル代謝の研究を通じて「成長の不思議」をひもとき、胎児及び小児の健全な骨発育に貢献することをめざしています。臨床的には、成長障害は病的小児に共通して認められる問題であり、遺伝的要因に加えて、疾患特異的な要因や不適切な栄養摂取、胎児期の母体環境等、さまざまな環境要因も原因となります。とくに、遺伝的要因により骨や軟骨に異常を呈する骨系統疾患と呼ばれる疾患群は、これまで、「根本的な治療法がない病気」の代表格でしたが、これらの疾患の病態を分子レベルで明らかにすることにより、「治らない病気」から「治せる病気」に転換していきたいと考えています。


当研究所は大阪大学大学院医学系研究科及び歯学研究科の連携大学院になっており、私たちの研究室でも数名の大学院生が研究を行っています。研究室内でのディスカッションを重視し、個々のメンバーの個性を生かしつつチーム力を高め、少数精鋭で国際的レベルに比肩できる研究の遂行をめざしています。興味を持たれた方は、ぜひ、私たちの研究室をのぞいてみてください。


環境影響部門 部長 道上 敏美


部長のプロフィール

1988年
大阪大学医学部医学科卒業、小児科入局
1993年~1995年
大阪府立母子保健総合医療センター 小児内科
1995年~1997年
米国テキサス大学 サンアントニオ校 内分泌代謝部門
1997年
大阪府立母子保健総合医療センター研究所 環境影響部門 主任研究員
2000年
医学博士(大阪大学)
2002年~
大阪大学大学院歯学研究科 招聘教授(頭蓋発生遺伝学)
2003年~
大阪府立母子保健総合医療センター研究所 環境影響部門 部長

 ※専門分野:骨代謝学、ミネラル代謝学、内分泌学