病因病態部門

部長からのごあいさつ

部長挨拶 生まれてくる赤ちゃんの5%程度は、心臓の異常(心奇形)や脳と脊髄になる管がうまく閉じないことによって生じる二分脊椎など、どこかに生まれつき(先天性)の異常を持っています。実際、乳児の死亡原因の第一位は、この先天性の異常です。先天性異常の原因には、両親から受け継いだ(遺伝的)要因が考えられます。また遺伝的要因以外にも、先天性異常には母体内の環境や栄養状態などさまざまな環境要因が関わると考えられています。しかし、そのような先天性疾患(異常)の多くには、病名さえつけられていませんし、どうすれば防げるのかほとんど分かっていません。また、妊娠の最も初期である、受精卵が母体の子宮に着床する時期では、受精卵と接する子宮内膜が成熟していないと、着床・その後の赤ちゃんの発生が難しくなり、着床障害や早期流産になると考えられています。しかし残念ながら、子宮内膜の成熟メカニズムなども、まだ解明されておらず、赤ちゃん誕生の謎と考えられています。

研究所・病因病態部門では、イエネズミ(マウス)を用いて受精卵から赤ちゃんの誕生、成長までのメカニズムを解明することを目標に研究を行っています。なぜ、マウスかというと、子宮への着床、仔マウスの発生、成長の様式が、ヒトと大変よく似ていること、また100年以上にもわたって、ヒトの病気を研究する最も適した実験動物とされてきたなどの理由があげられます。具体的な研究方法は、マウスの持っている遺伝子情報を人工的に操作することによって、ヒトとよく似た先天性異常を発症する疾患モデルマウスを開発し、病気の発症メカニズムの解明を試みています。また、受精卵が赤ちゃんへと育っていく、つまり正常な発生・成長に必要な遺伝的あるいは環境的因子を明らかにする研究も進めています。このような地道な研究を日々続けることによって、先天異常や着床障害など、妊娠中の母親、赤ちゃん、子どもたちがかかってしまう病気をより早期に発見する手法を探しだし、新しい治療方法の開発へとつなげたいと考えています。


病因病態部門 部長 松尾 勲