研究所長からのごあいさつ

研究所長からのごあいさつ

研究所所長当研究所は、周産期および小児発達期における疾患の原因解明と治療法の開発をめざし、母子医療に関する研究機関として1991年に開設されました。4つの研究部門では、発生と成長発達に関わる様々な疾病や早産の原因や病態成立機序を明らかにし、将来的な治療にむけた研究を行っています。
私は遺伝診療科において、様々な遺伝性疾患について、新たな疾病概念の確立や診断方法、健康管理について診療と研究を行ってきました。特に小児の稀少難治性疾患は最大の研究テーマです。
今後はさらに病院と研究所との連携を深め、臨床に還元できる研究成果を得ることを考えています。稀少難病については、最新の解析技術やiPS細胞を応用して病態を明らかにしたいと考えています。大阪大学をはじめとする外部の大学や研究機関とも連携し、若い研究者の育成も行っています。よろしくお願い申し上げます。

大阪母子医療センター
研究所長 岡本 伸彦


経歴

昭和59年
大阪府衛生部・大阪府立病院
昭和61年
大阪府立母子保健総合医療センター企画調査部
昭和63年
大阪府岸和田保健所
平成3年
大阪府立母子保健総合医療センター企画調査部および発達小児科
 
研究所兼務研究員
平成22年
大阪府立母子保健総合医療センター遺伝診療科主任部長
平成28年~
大阪府立母子保健総合医療センター研究所長および
 
代謝部門 部長(兼任)
平成29年より
大阪母子医療センターと名称変更

(平成17年より近畿大学大学院総合理工学研究科遺伝カウンセラーコース客員教授)

主な学会活動

日本人類遺伝学会評議員
日本小児遺伝学会理事
米国および欧州人類遺伝学会会員
日本小児科学会会員
日本先天異常学会会員
日本小児神経学会会員
日本遺伝カウンセリング学会会員
日本小児保健学会代議員

 ※専門分野:臨床遺伝学 先天異常学 小児神経学 小児保健学