ホスピタル・プレイ室

ホスピタル・プレイ室

青少年ルーム

青少年ルーム

子どもの幸福と健全な心身の成長発達のために、病気や障害があって入院生活を送っていても、子どもらしくのびのびと生活できるように、子どもを支えていく必要があります。


  • 子どもたちが、病気のことやこれから体験する入院、手術、検査、処置などについて理解できるように、実際に使われる医療器材を用いたあそびや写真ブックによる説明などを用いて援助します。
  • 子どもの不安や恐怖を最小限にし、医療に関わるさまざまな経験や医療関係者に対する誤った思い込みを修正し、入院経験のもたらすストレスや不安に子どもがうまく立ち向かえるように援助します。
  • 検査・処置等に立ち会い、個々の子どもに適した玩具、本、言葉かけ等を提供し、子どもがそれに集中することによって、不安や痛みを軽減できるように援助します。
  • 必要に応じて、入院中の子どもの心や体の発達を把握し、一人ひとりの子どもが夢中になって楽しく遊べるように適切なあそびを提供します。

こうした関わりを通して、子どもや家族の不安や恐怖をできるだけ緩和し、子ども自身が自分に起こっている状況を納得して受入れ、乗り越えていけるようにサポートをしています。