治験推進室

MEセンター(臨床工学部門)

近年の医療技術の進歩に伴い多種多様な医療機器が用いられるようになり、医療機器の操作や管理を行う専門職種として臨床工学技士が生まれました。
MEセンターは、麻酔科主任部長がセンター長を兼務され、スタッフは常勤の臨床工学技士9名と、非常勤の業務補助員1名で構成され、臨床工学技士が宿直体制で24時間病院に常駐しています。

臨床工学技士が体外循環、血液浄化、人工呼吸などの臨床業務を専門的に行い、医療機器の保守管理を行うことで、医療の効率化と安全確保に貢献しています。

主たる業務

医療機器管理

MEセンターでは院内の病棟・各部門が共有する医療機器(輸液ポンプ、シリンジポンプ、パルスオキシメータ、患者監視装置など)をME機器管理システムで統括管理しております。
とくに輸液ポンプや、シリンジポンプ、在宅用経管経腸栄養用ポンプなどは、MEセンターで完全に中央管理をおこない、保守管理しています。

体外循環業務

心臓血管外科手術における人工心肺装置、心筋保護装置、自己血回収装置などの準備と、操作管理を行っています。 また急性循環不全や重篤な呼吸不全に対する体外膜型肺(ECMO)や、心肺停止に対する体外循環式心肺蘇生(ECPR)などの補助循環にも対応しております。

血液浄化業務

血漿交換、血液濾過、血液透析など機器の準備、回路の組み立て、操作管理を行います。 新生児から小児における血液浄化症例にも安全かつ確実に治療が行えるよう対応しています。 透析室が在りませんので、全例がPICU、NICU、病棟への出向となります。

人工呼吸業務

MEセンターでは院内すべての人工呼吸器の中央管理をおこなっており、呼吸器のセットアップや呼吸器回路交換、呼吸器回路 の管理と共に、人工呼吸器の保守管理や使用中のトラブルなどに対応しております。また人工呼吸器使用中の安全を確保するために院内ラウンドを実施して呼吸器や加温加湿器の作動状況などを確認しています。

在宅人工換気業務

患者さんがご自宅で安全に人工呼吸器を使用できるように人工呼吸器と加温加湿器の機種選定、呼吸器回路の準備を行い、 ご家族が機器の使用法、回路の組み方などを習得し、十分に自己判断と対処が不安無くできるまで指導をおこないます。退院後のご相談にも対応しています。

その他の業務

産科での双胎児間輸血症候群(TTTS)における胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術(FLP)や、双胎無心体のラジオ波胎盤血流遮断術、胎児胸腔羊水腔シャント造設術、Ex-utero Intrapartum Treatment(EXIT)などにおいて人工羊水注入および羊水排液などの胎児治療、小児循環器科における心臓電気生理検査(EPS)や体内埋め込みペースメーカーの機能チェックなどに対応しています。特殊ガス治療法として、肺高血圧症に対する一酸化窒素吸入療法や、高肺血流性先天性心疾患に対して窒素吸入療法が安全に実施できるよう支援しています。

院内教育や医療安全活動

院内職員を対象としたME機器、人工呼吸器の取り扱い、医療ガス安全管理などの研修会などを実施しています。医療機器、人工呼吸、医療用電源、医療ガスなどに関連するインシデント事例について、その原因を分析して医療安全管理室と協力して対策を立てています。
医療機器に関する安全性情報や回収・改修情報、警告などの情報を院内に発信しています。

おわりに

今後もMEセンターのスタッフ1人1人が、チーム医療の一員として、確実かつ安全な臨床技術を提供し、医療機器の適切な管理に努め、母と子、そして家族の笑顔を守るため、微力ながら貢献していきたいと思っております。