新生児科

感染症科

診療科概要

2020年4月、大阪母子医療センターに念願の感染症科が立ち上がりました。種々の病態、種々の臓器、種々の起因菌によって発生した感染症に対して、包括的に診療を行います。具体的には、感染症に対して、適切な評価に基づいた病態の把握、適正な抗菌薬の使用を支援する抗菌薬適正使用支援チーム(AST)、感染伝播・防御対策としての感染制御チーム(ICT)、多彩な検査技術によって原因微生物の特定にあたる細菌検査室、抗菌薬の管理、監査にあたる薬剤部とともに総力を結集して感染症診療を行います。各診療科における治療と並行して生じる感染症治療、感染予防を担い、患者さんとそのご家族の皆さんに対する、当センターの医療レベルのより一層の向上に寄与できると考えております。

主な対象疾患

  • 小児並びに新生児集中治療部門における感染症
  • 周術期感染症
  • 各専門治療部署における感染症

主な検査と治療

細菌検査室において、通常の細菌検査に加え、菌の耐性遺伝子を用いた耐性菌伝播の有無、マルチプレックスPCR技術を用いた網羅的な病原体検索、また、新型コロナウイルスのPCR検査を実施できる体制をいち早く整えるなど、迅速かつ適正な感染症治療につなげています。当センター研究所と連携し、感染症に対する分子生物学的な解析を行います。

スタッフ紹介

職 名
医師名
学会認定資格等
副部長(兼)
野崎 昌俊
日本新生児成育医学会 評議員
医学博士
日本小児科学会認定 小児科専門医 
日本周産期・新生児医学会認定 周産期(新生児)専門医
日本化学療法学会認定 抗菌化学療法認定医
日本周産期・新生児医学会認定 新生児蘇生法インストラクター
ICD制度協議会認定 インフェクションコントロールドクター
医長(兼)
樋口 紘平
日本小児科学会認定小児科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医
日本小児血液・がん学会 小児血液・がん専門医
日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医
日本がん治療認定医機構・がん治療認定医
日本小児感染症学会ICD