病理検査

臨床検査科

診療科の概要

検体検査、生理検査、輸血・細胞検査、先天性代謝異常等(マス・スクリーニング)検査で構成され、24時間体制で微量検体で輸血検査を含む多数の検査項目をリアルタイムに対応し、報告しています。検体検査では精度管理責任者のもと、認定生化学・免疫化学精度保証管理検査技師が、日々精度、確度の確認を行っています。微生物検査室ではICTの一員として、菌の耐性遺伝子の情報を用いて耐性菌伝搬の有無をチェックし、サイトメガロウイルスのPCR検査も行っています。マス・スクリーニング検査は、大阪府下のすべての新生児を対象にタンデムマス検査を導入して学会認定技師が詳細な分析をしています。輸血・細胞管理室では自己血採血を担当するとともに、担当医と協力して、非血縁間末梢血幹細胞移植のための末梢血幹細胞採取と、その細胞数測定を年間45件程度行っています。

スタッフ紹介

職名 医師名 学会認定資格等
主任部長
(兼 消化器・
内分泌科 非常勤)
位田 忍 日本小児科学会認定小児科専門医、指導医
日本内分泌学会専門医、指導医(小児科)
日本小児栄養消化器肝臓学会認定 日本小児栄養消化器肝臓学会認定医
日本小児科学会
日本内分泌学会
日本小児内分泌学会 理事
日本小児栄養消化器肝臓学会 代議員
日本小児アレルギー学会
日本マススクリーニング学会
日本小児消化管機能研究会 理事
日本小児感染症学会
日本肥満学会
日本臨床栄養協会 理事
日本臨床栄養学会 理事
日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)
副部長
(兼 輸血・
細胞管理室長/
血液・腫瘍科
副部長)
安井 昌博

日本小児科学会認定小児科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本がん治療認定医機構・暫定教育医
日本小児血液・がん学会専門医・指導医
日本輸血・細胞治療学会認定医

細胞治療認定管理師
副部長
(兼 研究所
免疫部門 部長)
柳原 格 日本マイコプラズマ学会 理事
日米医学協力研究会  コレラ・細菌性腸管感染症
専門部会 研究員